肌に水分が必要です|自分の肌に自信を持つために|化粧水で改善するニキビ

自分の肌に自信を持つために|化粧水で改善するニキビ

肌に水分が必要です

臀部

肌が乾燥した合図

小じわができてしまったときは肌が乾燥しているシグナルともいえます。年齢を重ねてできてしまうこともあれば、肌のケアを怠って乾燥肌と成ってしまったことからできてしまうこともありますし、睡眠不足や疲労、そのほかストレスからできてしまうこともあり人によって小じわができてしまう原因はさまざまです。そのため乾燥している肌に水分を与え潤いを取り戻していくことが必要です。乾燥は肌の水分を失ってきていることから起こるものなので、すぐに小じわが取り除けるというわけではないのですが少しずつ小さくしていくことができます。小じわができてしまうことで年齢よりもだいぶ老けて見られるようになるため、若々しい肌を取り戻すためにも肌への水分補給が大事です。

スチームで肌を温める

小じわを小さくしていくことで必要なのは保湿です。しかし洗顔した後やお風呂上りに化粧水をつけて乳液やクリームをつけるだけでは、今の肌を維持させるだけにとどめてしまうかもしれません。普段行なっているスキンケアから少し手を加えることで、さらに保湿効果を高めることができるようになります。その方法は洗顔後にスチームで肌を温める、又は洗顔後に蒸しタオルを顔に当て温めることで化粧水の浸透性を強くさせることができます。お風呂上りの場合は肌が温まっていることがあるため、お風呂に上がってから30分以内であればスキンケアを普段どおりすることで肌への浸透性はよくなります。しかし30分経ってしまったときは、スチームで顔を温めてからスキンケアを行なうほうが良いです。その方法を続けていくことで小じわを徐々に消していくことができるようになります。また、化粧水などを使用する際には、コラーゲンなど肌のハリを強くするものを選ぶとよいでしょう。肌の弾力が向上すれば、比例してシワも少なくすることが可能です。